奇跡

キルケゴールの"死に至る病"とは絶望ということで、ドストエフスキーも絶望した人のことを書いているのだから、二人とも同じ様なことを考えていたのだろうなあと感じたのです。と、哲学者の木田元は記しています。
そこから氏はハイデガーの"存在と時間"に、存在構造を見いだします。

絶対な"存在"の不確定さに立ち向かった時に人は絶望に陥るのではないでしょうかという。

そんなことをふにゃふにゃと考えながら、映画監督、是枝監督の講演を聞きにいった。

ワンダフルライフ、誰も知らない、あるいてもあるいても、奇跡。。。

氏の映画の魅力は、孤独の中に存在する、まばゆい奇跡の集合体、光の結晶。
驚いたのは、最新作"奇跡"の脚本が、基本的には"存在"しないに等しいという事。

元々は、博多と、熊本と離ればなれに住んでいた男女が、初めの九州新幹線がすれ違う瞬間に立ち会い、奇跡が起こる。
そういうシナリオだったそうだが、弟役の役者"旺志郎くん"に出会った瞬間にこの脚本は全く変わってしまう。

監督は、撮影に際し役者にストーリーを話さない。
現場現場で子供達と話し、遊びながらストーリーを組み立てて行く。状況を説明することなく、カメラを回す。
役者のアドリブに任す、観察する、追いかける、捕まえる、そして奇跡を待つ。
ワリコフスキや、ピータブルックの演劇の手法な役者のアドリブに観察し、セレンディップな瞬間を待つ。

監督にとって映画を作る動機は非常に個人的な契機にある。
ある時は亡くなった母親に、ある時は、自分の娘にむけて。。。至極全うに自分サイズで映画を作る。

"誰も知らない"では、絶望の中に身を潜める子供達のその孤独を掘り起こした。
激しい孤立と、自分たちでこしらえた荒削りの正当性を実践することで、生きている実感を炙り出す。

"奇跡"では、戻る事の無い家族の絆、生き返る事の無い愛犬、といった具体的な絶望を全面に表示しながら、雑草の中に咲くコスモスの如く、凛々と自由に無造作に、そして寄り添って生きる事で、人生を肯定し底抜けに朗らかに生きる子供達の姿を描く。

小津の映画ともよく引け合いに出される氏の作品は、どちらかというと、トリュフォーの様な骨太の映画によりよく影響を受けているそうだが、、、これらの作品に通奏低音の様に流れるのは、孤独である。

是枝作品には、光がある。

人間は、孤独や絶望の先には光がある、希望がある、未来がある。と信じている。
空の上には神様が居ると信じている。そこに人生の不思議がある。

キルケゴールや、ドストフエスキーが提示する予定調和的なキリスト教的世界観には、
既にこうなること が決まっているのだから、今がんばっても仕方ない、といったペシミズムが支配する。
それは、自分が孤独でいようとそうでなかろうと、キリスト教徒一般が陥るペシミズム。

しかし、是枝監督の映画に見え隠れするのは、あての無い絶望から抜けてやろうと、まるで後先も考えない、その場しのぎの幼稚で、子供じみた感覚がある。

いつまでも大人になれない日本人の、大人への旅。
大人になるな、甘んじるな、知った気になるな、何も怖い事などはない、ただ無邪気に揺れ動いては、空を見上げるのだ。
こんな溝底に居るからこそ、空の星達はいつまでも輝いて見えるのだ。


[PR]
# by fumiya0501 | 2012-02-16 23:39 | Journal

HAPPY 2012!!!

d0073209_2114020.jpg

[PR]
# by fumiya0501 | 2012-01-03 02:11 | Journal

RAIN/DE KEERMAKER

木琴のはじき出した音が、唐突に静寂の世界へと引っ張る。
追いかぶさる様に、音の洪水が、一緒にガルニエを装う。

d0073209_1858165.jpg


ANNE TERESA DE KEERSMAKER/RAIN
音楽はSteve richの18人の音楽家の為の音楽、衣装はDries van noten.
今回から、オペラ座バレエ団の公式レパートリーに加えられた。

Wem wendersのPINAを見てから、なんとなくダンスというものが解って来た様な気がしていた。

身体を思いっきりに引っ張って、溢れん出んばかりの感情が肉を引き裂く様に、筋が広がり、歪み、それが一つの身となって、血となって迫ってくる。

決して、その身体から逃れる事の出来ない魂という物に、寄り添っている。

その存在に皆気ついてはいるものの、、、必死に魂の固まりを、、、そう、引きずり出そうと、自身の身体を遮二無二ぐにゃりぐにゃりと、、、折り曲げ、叩き、狂いそうな程に伸ばし。。。
それでも、身体の隅々にまで行き渡った魂という光は、決してその身体からあぶれ出る事なく、、、
しかし、僕たちは身体の延長線上に、目に見えない魂を見ている。。。

ある種のダンサーには、真っ黒な暗闇の中にある、どす黒い魂の閃光が見えていた。
限りなく、鋭敏に突き刺す様に輝く閃光と話をしていたのではないか。。。それが、彼女のダンスを引っ張っていた。そういうものがダンスというものなのかなと。。。

緊張感しか無い、研ぎすまされたライヒの音楽に、軽やかに鮮やかな色合いを放つDRIESの衣装が、強烈な印象を与える。。。

一緒になって踊る。
DE KEERSMAEKERは、このダンスをその様に語っている。

一緒になって踊るとはどういう事か、、、
隣に座った見知らぬ友人の手をとって、今僕たちは一緒になって踊る事が出来るのだろうか。
踊れるとすれば、いったいどの様に呼吸があわせられるのであろうか。

僕のリズムと友人にとってのリズムは、決して同じでは無いであろう。

心の中にある音楽を、自分が一つの楽器となって、皆が一緒に踊れるように。

70億人の地球人の為のダンス。
[PR]
# by fumiya0501 | 2011-05-28 19:15 | Journal

La fin/Koniec

Joseph K., le matin de son trentième anniversaire, se retrouve à son réveil mis en accusation ; à l’issue d’une procédure incompréhensible, il est exécuté par deux comparses sans avoir jamais pu présenter sa défense ni même savoir de quoi il était accusé.
Tony, manutentionnaire dans un magasin et danseur «incroyablement doué», gravite silencieusement autour d’un crime possible et cherche son passeport pour s’arracher à son existence. « Il y a deux rues dans chaque rue », dit l’un des personnages de Nickel Stuff, « une rue secrète qui se cache sous l’autre, une rue de complots et de mort ». Elizabeth Costello se veut « secrétaire de l’invisible », prête à écrire sous la dictée de toutes sortes de voix, y compris celles des assassins, peut-être, si elle vient à les entendre, « depuis les flammes où ils brûlent ».
Mais tandis que Joseph K. (qui entend seulement raconter par un prêtre le fameux apologue de la porte de la Loi) ne parvient jamais à rencontrer ses juges, Elizabeth Costello, elle, a droit à plusieurs audiences, et se retrouve devant la porte qu’elle ne peut traverser, contrainte de subir l’épreuve kafkaïenne du plus implacable des examens de conscience précisément parce qu’elle n’aime pas Kafka…
K., Tony, Costello errent sans espoir dans un labyrinthe sans issue, celui d’un rêve où nous nous débattons tous.
[PR]
# by fumiya0501 | 2011-02-16 02:52 | Journal

くるりの岸田さん

昨日は両親が旅行がてらライブを観にきた。正月も帰省できなかった馬鹿息子がダミ声で歌う「目玉のおやじ」なんかを聴いて、親父はなんて思ったのだろう。ステージから見えるだいぶ老けた親父を気にしながら歌って、ちょっと泣きそうになった。そう、今日は親父の誕生日。

母親はバレンタインのチョコをくれた。みんなにも配っていた。うちの母親は歳のわりに若くてかわいいんよ。母親に似ればよかったのに、俺。母親は、名古屋も十三もライブ観にきてくれた。くるりのコアファンですよ。

うちの両親は、なんだかふたりとも目が生きてるっちゅうか、まだたくさんの夢がありそうな気がした。

俺、夢なんか無いなぁ。

夢とか、持ったほうがええんやろけど。

金沢でいいライブができますように。


くるり岸田さんの日記


音楽が救ってくれる。

夢をいつまで追っかければいいのだろう。
あきらめないで、いつまで追いかければいいのだろう。。。

夢のない、岸田さんは、もうそれはそれで夢が、周りに充満しているよ。
夢のある人が、夢のないくるりの歌を聞いて夢を思う。

人それぞれが、そうして、自分の役目を生きているんだよね。
口にすれば、消えてしまう、夢という言葉も、きっとそんな風にそこに元々あるもんだろうね。

夢を追っている限り絶対に追いつけないし、夢を持てない人は、もうそれで目の前に、無防備に浮遊している夢をつかもうとも、気づこうともしないんだろうね。
[PR]
# by fumiya0501 | 2011-02-11 07:06 | Journal

ROCK in VOGUE PARIS!!!



Incoming editor in chief EMMANUELLE ALT talk about Vogue paris's direction.
[PR]
# by fumiya0501 | 2011-02-10 20:49 | Journal

The rake's progress


[PR]
# by fumiya0501 | 2011-01-03 20:24 | You tube

d0073209_20181376.gif

[PR]
# by fumiya0501 | 2011-01-03 20:19 | Journal

l'amour sacrifie

http://vimeo.com/7645253
[PR]
# by fumiya0501 | 2010-12-13 18:55 | You tube

salt peanuts.

バスキアの生誕50周年という事で、ここパリではにわかにバスキアずいている。どこか、渋めなbe bopな感じだ!



当時、その年代で最も有名なアーティスト、バスキアが、死に向かうその前年の大晦日、一人で深酒に浸っていた。想像するだけで、胸が詰まりそうな気持ちになる。

孤独に生き、それでも、あの笑顔で人と戯れ、、、であるからこそ、持ち上げられ、80年代という時代に押しつぶされるかのように、はち切れんばかりに溢れ出たミンチみたいに、、、前へ前へとただ意味も無く生産され、空気に触れた瞬間干涸びて、潤おしいその身に溢れた瑞々しい感性は、ドラッグを炙る為の、ただの水となりとことんにまで枯れた。

瓶の底に焦げ付いて残ったその水とも、何とも捉えられない黒こげのバスキアは、いつまでも笑顔で薄明かりの中、be bopを口ずさみながら、必死に何を引き戻そうとしたのか。もしくは、更に前に進もうとしたのか。何を手に入れたのか?名声であろうか、金であろうか。。。空間的には何も変わっていない。自分が居て、女が居て、心から愛する友がいて、絵がある。高級シャンパンや、ドラッグは一時の装飾品にすぎないはずなのに。どうして、彼はその装飾をこれ見よがしにつけるに至ったのか。有名になる事の代償なのか、だとしたら切なすぎる。どんな高級ワインよりも、大事な友に囲まれて飲む安酒の方が、きっとおいしい、とは、庶民の発想であろうが、そこの差は大きくない。
何も無い空間があって、そこに何かが通っただけでそれは空間として存在する。そこには、富も貧困も、性別や、差別も存在しない。ただそこに何かがすっと現われて、自分が周りを映す鏡になる事で、ああ、自分とはこういうものなのだと気づくだけ。そこから逃げる方法がドラッグであり、高級ワインなのだとしたら、、、be bopの音色はあまりにもソリッドに、カラカラの心に突き刺さる。

今は、有名になる事、派手でいる事がむしろ軽蔑される時代だけど、そんな時代だからこそ、、、ボテボテのコレステロールだらけの己の腹回りの贅肉に、トランペットの甲高い、突き刺さるような高音を受けて良い。それで、その贅肉が少しでも削られるのなら。あわよくば透明になりたい、そして、そのままの姿が周りを映すような、そういう存在でいる事も必要だろう。人は自分を見ていないようで、見ている。有名になろうが、そうであろうが、人は存在する限り、人を、そして自分を生命の中に映し込んで、それを見て暮らしている。濁った酒には自分の歪曲した姿が写る。ましてや、ドラッグの煙は、透明などではなく、むしろ都合の良い部分しか見せてくれない。

雲のように、風とともに揺れ、自然の境界を走れ。
空間を区切る必要などない、そこに音、色、波が存在する限り、すべての存在において透明的につながっている。
[PR]
# by fumiya0501 | 2010-11-23 18:41 | You tube

KAWS in Paris.

現在、エマニュエルペロタンでは、KAWSの展覧会が開催中。
http://www.perrotin.com/exhibition-Kaws-828.html


[PR]
# by fumiya0501 | 2010-11-23 06:45 | You tube


[PR]
# by fumiya0501 | 2010-11-17 08:29

オペラには無い光。

オペラガルニエ、ベルサイユ宮殿。

フランスを代表する二つの大建造物を改めて訪れて、
豪華という事がこれほどまでに空虚なものであるという事に改めて愕然とした。

主義主張ではなく、

もっと軽く、薄く、透明に、消えていくような姿を求めている。

それは果てしなく、遠くを見渡す事が出来る。
どんな隙間にも入いる事が出来る。
どんな場所にでも軽々と飛んでいく事が出来る。。。

そういう建築、場所、考え方に惹かれる。

今まで強く人々を引き付けていたものが、崩れ、それが元々悪であったかのように感じられるほどに、世界は浄化されてきたと言っていいのでしょうか。

空が青いのは、そこに空気やチリがある事を教えてくれるけど、
どこまでもどこまでも、曇り無く、色も無く世界が透き通って見えたなら、
どんなに恐ろしく、そして美しいのだろう。
[PR]
# by fumiya0501 | 2010-11-17 08:23 | Journal

Gisele Vienne

Known for exploring the aesthetics of the human body versus the image of the body through the use of dolls, Gisèle Vienne's new performance includes collaborators such as video artist Shiro Takatani from Dumb Type, fog artist Fujiko Nakaya and musicians Stephen O'Malley and Peter Rehberg. In the abyss of a fog-infested forest the dichotomy of perfection and ruin unfolds as a drama of desire and death.


[PR]
# by fumiya0501 | 2010-11-01 03:50 | You tube

LANVIN pour H&M

d0073209_17261976.jpg

[PR]
# by fumiya0501 | 2010-10-19 17:26 | Photo

抽象と、具体の間を目一杯に広げ、その間にひしめき、自然に現れてくる境界面を探る人。パリへと戻る機上の人となった僕の見下げる世界は確かに境界線の連続である。海と陸、山と野、建物と、そうでないもの。。。機能しているものと、そうならないもの。。。雲によって作られた境界、空気、光。そこにさえも境界が存在すると考えた時に、一気に理解を広げられる。”雲を建てる”と名付けられたその作品はこのような人が本来、意識をしなくても"見えている"境界をどうにか形にしようともがいた作品。建っているようで、建っていないかもしれないという不思議な感覚を呼び覚ます。それは、音楽ともつながり、音の淵を漂い、その界面をまるで見えているかのように操る指揮者の様。今では言葉という壁が、大きく立ちはだかり、それが目に見えて悲しい境界を作っている。だからこそ、そういう言葉の掛け方一つが、そう、自分自身が発する言葉そのものが、本来立ち現れない、やんわりとした関係性にぶつかってくる。非常に悲しい言葉をかけられた。エゴイスティックになるな。柔らかに、その言葉の一つ一つが周りの景色をまるで取り込む様なそういう優しい境界に、石上氏の建築は建っている。


[PR]
# by fumiya0501 | 2010-10-19 17:23 | Journal

先日、南仏にバカンスに出掛けた。
開放的な庭を、裸足でバタバタと歩く。
庭に咲いた果物の出来合いなどを横目にちらちらと。

飲んだ。

目が覚めると、明るいテーブルに色とりどりのジャムが積み重ねられ、
このジャムはそこの木になったアプリコットだよ。等と話してくれる。

温かい気持ちで、朝を迎え、
だらだらと、、、前日に見たアヴィニオン演劇祭の演目を反芻してみる。

階段をサンダルを履きながら上る。

フランス人の友人がどうして、バタバタと音が鳴るの?と、聞いてきた。
確かに友人の足からは、地面を擦る様な、叩き付ける様な、ボールがミットに納まる時の様な気持ちの良いバタバタが微塵も聞こえない。

昨日、映画の帰りにたまたま同じ方向を歩くフランス人の女性が居た。
何気なく見てみると、サンダルが足と、地面の間で激しく踊っている。
しかし、あの聞き慣れたぺたぺた音は聞こえない。。。

しげしげと、怪しまれない様に、張り付いて、微笑を浮かべながら熱心に見入る。

どうも、重心の意識の違いに原因があるようだ。
彼女は足を前に持ち上げて、前に踏み込む様に歩いていた。
顧みて、僕はと言うと、かかとの方に重心が残っていて、持ち上げた足を、身体の重心の後ろの方で着地させているような感じ。。。

そういう風に考えると、若いクラバーや、hip hopの人たちが、前屈みに少しジャンプし気味に歩いている様子が理屈にあった。。。ほんの10mもしない内に彼女は、向かいの歩道へと、歩みを移した。。。

僕には十分な10mであった。



南仏では、夏になると街が活気づき、といっても冬の南仏は知らないが、各地でフェイティバルが行われる。
アルルの写真展は、去年から通っている。街全体の建物や廃工場を利用して趣向を凝らされた演出で、色々な写真が楽しめる。日本でいう所の直島的方法。去年はナンゴールディンをディレクターに迎え、彼女のカラーを強く反映した作品群が目立ったが、今年はそれに比べると小粒なイメージ。ロックと、南米カルチャーにスポットをあて、様々なロックスターの伝説的な写真や、アンディワホールと、スティーブンショアーのブースには往年のファクトリーに従い、アルミホイルで包まれて居たり、、、なんだかノスタルジックでありながら、当時のボヘミアンな雰囲気を色濃く、またそれをゴッホや、多くの画家が好んで描いたアルルの陽気な気候と相まって、、軽いトリップ状態を演出。

とても気持ちの良い写真展です。

続いて、向かったのがアヴィニオンの演劇祭。
今年は、お目当ての演目が無かったので、ちょっと小粒の作品をちらほらと。。。
特に、Jonathan capdevilleの舞台には、魅力を感じた。

彼一人が舞台に立ち、少年の姿で告白を始める。。。
話しは徐々に混迷していき、、、彼は電話で色々な違う人格を演じながらも、目の前で女装をしていく、、、
その会話は家族の物から、恋人同士、兄弟の話しへと弾み、彼は変幻自在に、男、女、老人、父、息子と、その声のみを人格に乗せていく。ふと、その会話に耳を傾けているほんの5分もしない内に少年Jonathanは、ドラッグクイーンJonathane となって、舞台を縦横無尽に闊歩する。。。

しばしの喧噪の中、唐突に数人の男性合唱隊が入ってきて、美しい民謡を、、、本当に美しい民謡を唄いあげ、、、幕は閉じる。
55分の短い舞台だが、性、人格、容姿、家族、遠くて近い物の彼なりの距離感の持ち方に強い共感を感じた。

Krzysztof warlikowski : Si on est heureux, mieux vaut piqu-niquer qu'aller au theatre.
もし、皆が幸せだった、劇場になんか行くよりピクニックに行く方が断然いい!

迷って、病んで、苦しんで、どこかにあるはずの幸せを探している、、、
そんな夢想家達が、劇場に蔓延り、芸術の意味を歪め、解釈を加える。

本当に探さなくてはならない事は幸せの青い鳥では無くて、人類が抱いている根本的な罪悪感を見つける事。その罪悪感に寄添って、それをどうやって克服するのか、、、そこに、愛があり芸術の生きる道もある。
[PR]
# by fumiya0501 | 2010-08-13 20:31 | Journal

arthur rimbaud

L'etoile a pleure rose au coeur de tes oreilles,
L'infini roule blanc de ta nuque a tes reins;

La mer a perle rousse a tes mammes vermeilles
Et l'homme saigne noir a ton flamc souverain.
[PR]
# by fumiya0501 | 2010-07-14 21:27 | serendipity

berceuse par chopin


[PR]
# by fumiya0501 | 2010-05-20 08:58 | You tube

Context for a pollonia


[PR]
# by fumiya0501 | 2010-05-15 23:25 | You tube

Freelance fashion editor based in Paris.